ワクワク?ビクビク?

今、サラリーマンと占い師の二足のわらじを

履いています。

 

 

サラリーマンの方は営業なので、やはり数字。

 

毎日、数字が上がるのか?契約を破棄されるのか?とビクビクです。

 

かと言えば、サラリーマン業が終わって

夜から占い師に変わるとワクワクなんです(笑)

 

確かに、占い師は楽しいことばかりでは

ありません。

 

インチキと言われることもありますし

上手くいくようにアドバイスするのが

占い師じゃないのか?!なんて怒られる

こともあります。

 

それでも、占い師は続けたいんです。

楽しくて仕方ないから。

 

ほぼみなさんに言われるのが、

この街じゃ占いで食べていけないんだから

サラリーマンは続けなさいと。

 

でも、私の奥の奥の奥の方からは

「好きなことだけしなさい」と

囁きます。

 

これに向かおうとするとあらゆる

ビクビクがやってきます(笑)

 

 

人には、動き出しなさいと言うのに

自分は動き出せない。

 

 

この葛藤が非常に苦しいんです(笑)

 

占い師って自分のことわからないんですよ。

 

本当に不便や。

 

僕みたいな占い師さんって多いんじゃないかな?

 

先の予約がどれくらい埋まるようになったら

独立しようとか。

 

占いの他にこんなこと付け加えられるように

なったらやろうとか。

 

きっと先に始めてしまえばいいんですよね。

 

きっとというか、絶対に(笑)

 

 

そんなビクビクとワクワクが

 

僕には渦巻いてます。